ユーチューバーの動画を子どもが見ているのが残念すぎる

テレビと犬

最近ユーチューバ―と呼ばれる方々の動画が非常に有名になりましたね。

先日のニュースでは、とあるユーチューバ―の方は子どもに大人気で握手会には大行列が出来たそうですが・・・。

私は、そのニュースを見た時、非常に残念な気持ちでいっぱいになってしまいました。

なぜなら、その動画は面白くないし、子どもの為にならないと思ったからです。

今回の記事は「ユーチューバ―の動画を子どもが見ているのが残念すぎる」というテーマで記事を書いていこうと思います。

世の中の親が、私の記事を読んで、いろいろ考えるきっかけになってくれたら嬉しいなと思います。

スポンサーリンク

ユーチューバ―の動画内容とは?

日本で一番有名なユーチューバ―の動画は、一時期旦那が見ていたので、内容はだいたい知っています。

お菓子の商品紹介だったり、新商品の飲み物や、ゲーム機などについてレビューされているような内容が多かったように思います。

また、子どもに人気の、ちょっとおバカなことをして人気の青年の動画も見たことがあります。あまり覚えてないけどコーラのお風呂に入るとかね。

あとはゲームの実況動画とか。子どもが玩具などの商品紹介しているものもありますね。

このような動画を大人が見る分には全然いいと思いますよ。

毎日疲れて帰ってきて、固い番組とか見たくないし、しょーもないものを見て無になって落ち着くことだってあるし。

でもね・・・

子どもの為になる動画ではないな・・と私は感じました。

特に彼らの一部は、社会生活から離脱した方々もいらっしゃるわけで、もし自分の子どもが憧れたりして、「あんな風になりたい」なんて言ったら正直嫌ですからね。

例えば、毎日毎日同じような動画をアップして、アマゾンの箱を投げて時間を稼いだり、ゲーム実況では「今日はこれをする」と言いながらできずに「やることリスト」を溜めて、面倒なことを後回しにしている点などを見ると、『会社員としてはNGだったのかな?』と想像してしまいます。

もちろん良い動画もあります。

私は、定期的に『KA○○YA Channel』だけは見ていますね。この方は、ニュースを発信しておられますが、話がまとめられているし、私の思いを代弁してくれているようで聞いていてスカッとします。

でも、「好きなことで生きていく」と決めた方々の、ダラダラとした無意味な動画もあり、それを子ども達が見るというのは、私は良いことだとは思えません。

子どもとスマホ

ユーチューバ―の動画は子どもによいコンテンツ?

私が保育園のころはNHKの教育番組をよく見ていたし、小学生の低学年のころは「ハウス世界名作劇場」が一番好きな番組で「私のあしながおじさん」とか「ピーターパン」を見て胸がいっぱいになったり感動したのは今でも覚えています。

ジブリも、ディズニーも大好きで何度も繰り返し見ていたし、1日にTVを見る時間は2時間と決められていたので、親が買い揃えてくれた図鑑とかもよく見たりしていました。

何が言いいたいかと申しますと、

NHKやアニメ、ジブリ、ディズニーには、いろんな人が一生懸命考えて作り上げているわけで、『感動』とか『涙が出る』とか、私が子どものころって、心を動かされるようなものをたくさん見ていたと思うんです。

それに、今でも愛読している『スラムダンク』については、子どもの頃に見て「仲間の大切さ」とか「最後まで頑張ることの重要さ」とか『諦めたらそこで試合終了ですよ』と安西先生に教えられたことは今でも自分の中で生きています。

でも現代の子どもの一部は、毎日毎日おっさんのゲーム実況や、感動もない商品紹介の動画を見ているようですが、子どもたちの若い大切な脳みそが無駄に使われているように思えてなりません。

たとえ10分、30分程度のことでも、子どもの日課や時間ってものすごく貴重で大切な時間なのに・・・。

ユーチューバーの動画は私の子どもには見せません。

私が親なら、心のこもっていないような動画は絶対に見せません。

子どもには、子どもにとってよいものを見せたいですね。

例えば意味のあるアニメや、誰かが心をこめて作ったコンテンツなど。

きっと『スラムダンク』も『ピーターパン』も『おかあさんといっしょ』も、何かを伝えたいという作者や、作り上げた大勢の方々の想いが込められているからこそ、子どもの為になるんだと思うのです。

おかあさんと一緒の「じゃじゃまる」「ぴっころ」「ぽろり」(今のが分からなくてすみません)が演じるちょっとしたストーリーも、子どものことを熟知した専門の人間が、子どものために作っているわけで。

自分の子どもには、そういう愛がこもった作品を見せていきたいな~と思いますね。

そして、小学校までの子どもに、パソコンやタブレットやスマートフォンを使わせるなら、家族で一緒に見るべきですね。

間違った情報もネット上にはあふれています。特にyoutubeなんかは無法地帯ですから、間違っていることを身近な大人が正すべきです。

youtubeを見せていれば泣かないし静かだからラクだと言って、見せるのは絶対によくないと思います。

家族とパソコン

まとめ

私の親は、私に図鑑シリーズを与え、天体に興味を持った私に天体望遠鏡を買って土星を見せてくれました。

そして私は、そういう親になりたいと思っています。

今は『図鑑』の代替が『インターネット』に変わってしまっているし、今後も『動画サイト』などは『何かを知る、調べる』そんな時に欠かせないものになっていくと思うけど、私は、子どもに見せるものと見せないものはきっちり分けて育てたいと思っています。

せめて小学校までは。

昔は親に買い与えられないと見れなかったのに、今はネットで何でもかんでも見れちゃう、そんなの絶対ダメだと思います。

子どもには子どもが学ぶべきことがあるんです。

子どものころしか出来ないことが、いっぱいあるんだから。

小学生という一生で一度しかないキラキラとした貴重な時間を無駄にしないでほしいし、親は時間を無駄にしない方向へ導いてやってほしいなと思いますね。

最後に、この記事はただの一般人が書いているブログです。

すべてのユーチューバ―の動画を否定しているわけではなく、私が個人の考え方を述べたまでです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

『ユーチューバーの動画を子どもが見ているのが残念すぎる』へのコメント

  1. 名前:文系男子 投稿日:2016/01/27(水) 06:35:58 ID:dbaea43bc 返信

    賛同します。
    小学生の頃は野山を駆け回り、友達と喧嘩ばかりしていました。
    また、本も一日三冊以上読んでいました。
    楽しかった、心からそう思います。
    最近のコンテンツはどれも楽なもの、都合の良いものばかりです。
    苦しいことこそ、楽しいのです。
    それを教えてあげられるのが、大人の役割であると考えますし、そうなりたいと思っております。

    • 名前:田中さん 投稿日:2016/01/27(水) 17:16:22 ID:b6246d02a 返信

      文系男子様

      コメントありがとうございます!
      参同頂けてとっても嬉しいです。

      野山を駆け回り・・・笑。私も桑の実を食べていた人間です。笑
      今の子供って、長編の本を読ませるのも大変で、忍耐強く読めなかったり
      早く結末を知る為にネットで調べたりするらしいです。
      教師をしている友人から聞きました。

      文系男子さんみたいに、苦しいことこそ楽しいと教えられる親が増えるといいな♪♪
      そんな親になれるようお互いがんばりましょう!

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/07/29(金) 06:28:10 ID:ba5fead26 返信

    まず前提として私はYoutuberでもなければそれらが好きな人間でもありません
    その上で記事を見た私なりの意見を

    結論から言いますと子供が楽しんでいるのであればそれでいいのでは?と
    記事にある通りジブリやらスラムダンクやらは、如何にして再生数を稼ぐかだけを考えているようなYoutuberの動画とはレベルが格段に違いますよね
    勿論商売ですから金儲けも考えた上で伝えたいメッセージやらがあることでしょうが

    ですがそのジブリを例に挙げると描写の優しさはあるものの殺人や暴力シーンありますよね
    これは子供に悪影響ではないのかという話になってきそうな…要は自分がYoutuberという存在を理解しがたいものであるが故に拒絶反応を示してしまうのではということです
    仮に田中さんがアニメや漫画を嫌いだった場合、スラムダンクを見たときに「なんて暴力的な!子供に悪影響ではないか」と思うのでは?

    それと子供には子供の世界があります。特に小学生辺りなんかは少し違うだけで仲間外れになったりなんてことはよくあること
    ましてや友人との話題についていけないとなれば本人も苦痛でしょう
    ただそれは周りがYoutuberブームなのかどうかで変わってきますので全てに当てはまりませんが
    それに今の学校は分かりませんがパソコン室でyoutube程度なら見れるでしょうし家でどれだけ禁止しても友人の家で見たりと本人の意思次第で色々方法はあります

    ネットは現代人の生活の一部となっていることは事実です。一部のオタクが所有する時代はとうの昔の話
    ある特定のコンテンツをだた禁止するのではなく、それを利用する上でどうしたら危険な目に合わずにすむか…これを教育してあげることが何より重要なのではと感じてしまいます
    ましてやYoutubeなんてテレビでも紹介していますから自然と知ってしまうでしょう
    P2Pやらに手を出し始めたら引っ叩いてでもネット禁止するべきでしょうが(笑)

    まあ記事の内容とは少し離れてしまいましたが時代の流れとしてどうしようもないですからそれに合わせた行動をとることも必要じゃないのかなということでした
    色々批判的な文章になってしまいましたが私自身小学生とかがyoutuberやってたりすると馬鹿だなあと思ってしまいます。一生残るという危険性を理解できていないんだなぁと
    一年前の記事に何言ってんだって話ですがね(恥)

    • 名前:田中さん 投稿日:2016/08/05(金) 11:46:14 ID:d41c62f29 返信

      匿名様
      長いコメントありがとうございます!しっかり読ませて頂きました!
      ちょっと今生後2ヵ月の赤ちゃんの育児中であまり頭がまわらなくてよい返事が書けないのですが。
      ご意見よく理解しました。
      感想嬉しかったです。

      私が書きたかったのはユーチューバ―の一部の人間が作ったコンテンツのことです。
      有名な方ですが、誰が何と言おうと私は時間の無駄だと思います(笑)