赤ちゃんを迎える部屋づくり~オムツ収納や授乳場所

リビングルーム

臨月に入ってから、赤ちゃんを迎える為の部屋づくりに取り掛かりました。授乳場所やオムツの収納、衛生用品の収納などについて、私の部屋づくりをご紹介します!

※トップ画像は全く関係ありません。素敵だなと思ってトップ画像にしました。

参考になるか分かりませんが、どうぞ見ていってください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋づくり

まずは授乳をどこでするか、オムツ替えはどこでするか考えました。

授乳はソファーで

授乳はソファーでやることにしました。我が家は2LDKでキッチンの近くに大きなソファーを置いているのですが、ここで授乳予定です。

授乳場所のソファー

ちょうど畳の部屋である寝室から一番遠く、旦那を寝させてあげれるので一石二鳥。

厚みのある授乳クッションも購入し、ソファーで座りながら授乳ができます。写真右の白いケースには授乳パッドが収納してあります。

ソファーに付属で付いていた足置きの上に長座布団を敷いてみると簡単にオムツ交換場所ができあがりました!

ちなみに、この長座布団に赤ちゃんを包んでリビングに移動してお昼寝にも使う予定。

なお、授乳クッションも長座布団もネットで購入しました。この長座布団、フカフカで大きいのにも関わらずお値段2000円以下!激安です!

■長座布団:カバー付 ごろ寝長ざぶとん サイズは約60×130cm

■授乳クッション:【授乳クッション】オーガニックコットン・ダブルガーゼ

※1メートル離れた場所にキッチン用の大きなゴミ箱があります。ゴミ箱のレビュー記事も書いているので気になる方はどうぞ。

45リットルのゴミ袋が入る大きなゴミ箱レビュー。投げても入るしオシャレ
我が家に、ようやくゴミ箱が届きました。 これまでは、床にゴミ袋を置いていて、私がこまめにゴミ出しをしていたので、溜...

夜中の授乳用にLEDランプを購入

照明についてですが、夜中の授乳用にLEDランプを購入してソファー横の壁にシールで取り付けました。淡くて優しい光なのでとっても満足しています。

オシャレでかわいいLEDライト

夜は授乳で起きる度に電気をつけなきゃいけないし、明るい電気が付くと赤ちゃんの目が覚めてしまうし、旦那も起きてしまうかもしれないので、授乳部屋にはこのような簡易ライトがあると便利だと思います。

お値段700円前後と安いですが電池が3本必要です。

■LEDライト:スマイルスイッチLEDライト 全6色

赤ちゃんを迎える為にオムツ収納なども考えてみた

続いては、オムツ収納も各部屋(リビングや寝室)に作りました。

寝室のオムツ収納

寝室は畳の部屋でパパとママは厚さ6センチの高反発マットで寝ています。

その横に赤ちゃん用のお布団を敷いて、赤ちゃんの近くにオムツやティッシュなどを収納することにしました。

寝室のオムツボックス

既に自宅にあったテーブルの上にちょっとしたリネンの収納ボックスを置いて、オムツやウェットティッシュを入れています。

また、テーブルの下にあるのはゴミ袋とオムツを捨てるバケツはダイソーで購入。ビニール袋はウンチのオムツを入れる為のものです。

ちなみに赤ちゃん用の布団は、旦那のおばあちゃんが結婚した時に持って帰れと言ってくれた布団で旦那が27年前に使っていたものです。短期間しか利用しませんからお古で全然OK!

その代わりキルトパッドだけ購入しました

あと、タオルを購入したのでそれをシーツと掛布団替わりにする予定。どちらもガーゼタオルを購入しています。合計4枚。ガーゼタオルのメリットはホコリが出にくいことですかね。ゴミも着きにくいので私は好きです。

GW出産なので、夏まではこのタオルで温度調節をしたいと思います。古くなれば私たち夫婦のバスタオルに出来るので一石二鳥ですね。

リビングのオムツ収納

リビングでは、オムツがあまり目立たないような収納にしてみました。

元々旦那のゲームやモデムやNASを収納しているラックがあり、その1番下が空いていたのでそこにオムツボックスを収納することに。

ゲーム置き場収納ラック

一番下にオムツを入れる大きなカゴを買いました。授乳と睡眠時間以外はテレビがあるリビングで過ごすので、かなり大き目のカゴを買っています。

オムツ収納カゴ

■商品:フタ付き収納ボックス バスケット レース

衛生用品は、上記カゴの横に収納することにしました。

赤ちゃん衛生用品のダイソー収納

ダイソーに売っている仕切りが付いた縦長のケースを3つ両面テープでくっつけて、周囲をオシャレなテープでぐるぐると巻いただけの簡易的な入れ物を作成。

この中に、綿棒やオイル爪切り体温計などを収納しています。

赤ちゃんが喜ぶ部屋づくり

あと、赤ちゃんが長時間過ごすであろう部屋には私と旦那が心を込めて作ったちょっとブサイクな熱帯魚のモビールを吊り下げました。

手作り赤ちゃん用のモービル

材料はフェルトでぬいぐるみを作って三つ編みした毛糸に吊り下げただけです。割りばしも使っています。

夫婦二人とも南の島でのシュノーケリングが趣味なので、子どもがお魚さんに興味もってくれたらいいなという願いを込めて作りました。

風が吹くとゆらゆら揺れます。産まれてくる赤ちゃんが喜んでくれたらいいな~。

追記 2016年11月追記

モビールは大活躍でした。絶対あった方がいいので産前に準備することをお勧めします。

赤ちゃんは揺れるおもちゃが大好き!手作りモビールの作り方
このブログで何度も登場しているモビールについて、作り方を教えてほしいというメッセージを頂きましたので、今日はその作り方な...

余談ですが、我が家のリビングルームは厚さ4センチの絨毯を引いています。こたつでお尻が痛くならないように購入したものですが、子ども用のプレイマットは買わなくてよさそう。

フカフカで気持ちがいいですがこれ2万します。高いけど、購入から半年がたっても特に凹んだ感じはありません。

こたつにフカフカ絨毯、極め付けにビーズクッションも使っているので完全に人をダメにするリビングなのです。

また、外に干して太陽にあてるとふっくらします。まあ、長持ちするといいけどあまり期待していません。

とりあえず今日はここまで。赤ちゃんがいつ産まれてもOKよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存