2才の息子の誕生日、何もしてあげられなかった

先日息子が2歳になりました。

ちょうどイヤイヤ期真っ最中で怒ったりすることも多々あるけど、愛情を持って育ててきました。

ようやく2才、あっという間だったと思います。

どんな誕生日パーティーにしようか、頭の中でいっぱい考えました。

1才の時みたいに手作りをしてあげよう。

息子が1才の誕生日は、私がつわりで辛い時期だったけど喜ぶ顔が見たくてせっせと作れたし、今回の誕生日もきっとできる、家族みんなで写真もとって楽しいパーティーにしよう、思い出を作ろう、そう意気込んでいました。

スポンサーリンク

2才の誕生日計画

さて、2才の誕生日はどうしよう。

ケーキを焼こう、生クリームをたっぷりつけて、バナナとイチゴでデコレーションをしよう。

お皿に車の形のおにぎりを作って、海苔を切って窓を作ろう、卵焼きでドクターイエローの新幹線を作って、ハムを細かく切って線路も作ろう。ハート形のハンバーグももちろん。

セリアで買ったバースデーグッズで飾り付けもして、LED入りの風船も買って、壁を飾ろう。

驚くかな?喜ぶ顔が見れるかな?

材料も前日までに全部買い揃えて準備万端でした。

誕生日の当日にいつもと違うことが起きてしまった

誕生日当日の午前は園庭開放に行って思いっきり遊んで、午後はいつも通り家でお昼寝して過ごす予定にしていました。

園庭から帰ったあと下の子がいつもより早く寝たので、息子も早く寝てくれないかなーなんて思いながら過ごしていると、ちょっと目を離した隙に息子が下の子のベビーベッドの中にインしているではありませんか。

私の頭ハテナハテナ状態。

今まではベビーベッドの下の柵に足を乗せるだけだったのに、腕の力と足の力を使ってよじ登り、ベッドに入ることに成功してしまったらしい。

もちろんベッドの中では赤ちゃんの娘がスヤスヤ。

流石の私もびっくりして、ものすごい剣幕で叱りました。下の子の生命に関わる事だしかなりキツく言い聞かせたのです。

それなのにイヤイヤ期まっ最中の息子は全然辞めてくれません。

嫌!と言いながら、しかも「へ?」みたいなトボけた顔をして何回も何回もよじ登って入ろうとします。

踏みつけて最悪下の子が死んでしまう、これからベビーベッドが使えなくなる・・どうしようという焦り、せっかく寝かしつけた6ヶ月の娘は起きて泣いてしまうし、2人を早く寝かせて誕生日の準備始めないといけないし、早くケーキを作り始めないと間に合わないし、家事も終わってないし、そんな風に焦りがどんどん募り始めました。

その間娘はギャン泣き、息子は相変わらずヘラヘラしながらベッドによじ登って入ろうとしている。

ううううううううううううううううううううう

もう無理ー!!!!!!ここでわたくし爆発してしまいました。

”息子の頭を叩いて、洗面場に鍵をして閉じ込める”という今までやったことのないようなことをしてしまったのです。

すぐに我に返って洗面場の戸を開けて息子を抱きしめました。取り返しがつかないことをしてしまって最悪です。

しかも息子は誕生日。私は、なんとか手作りの料理とケーキで挽回しようと思いました。

なぜかこの日に限ってミキサーが破損

無事に2人を寝かしつけたあと、早速誕生日の料理に取り掛かりました。

まずは玉ねぎと人参をミキサーでガーッとやって、ミンチ肉もミキサーでガーッとやってハンバーグのネタを完成させ、

次に生クリームをまたミキサーでガーッとあわ立てて、卵白をミキサーでガーッとやってメレンゲを作り、

娘の離乳食用のカボチャもミキサーでガーッとやって冷凍して、

そうやって何度も何度もミキサーを使った結果、ミキサーが壊れてしまいました。

この日に限って・・なんで(笑)です。

しかもミキサーから煙が出ていて、回転させる軸みたいなところのプラスチックが溶けてしまっていたのです。

『プラスチックの溶けた液体が全ての食材の混入している可能性があるよね、そんなもの食べさせられないよね』そう思いながら、私の頭は真っ白。

そして、ミキサーでガーッとやった食材全てを捨てる結果になってしまったのです。

ここで旦那にヘルプのメールをして、もう何もできない、育児しかできない、助けてくれと連絡をしてケーキを買ってきてもらうことになりました。

最終的に、息子の2才の誕生日は私の手作りは無し。

スーパーの寿司と旦那が買ってきてくれたケーキでお祝いをしました。

息子は嬉しそうに食べてくれたしプレゼントもとても喜んでくれました。

でもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでも

私は一生に1度しかない息子の2才の誕生日に、何もしてあげられませんでした。

キレてお風呂に閉じ込めただけで終わりです。

時間が戻せるなら戻したいです。

スポンサーリンク