タバコのポイ捨てする人は、それを幼児が食べるかもしれないって想像できますか?

いまだにタバコのポイ捨てをする人がいますが、一体何をお考えなのでしょうか。

それを幼児が食べるかもしれない、中毒症状を起こして、最悪の場合死んでしまうかもしれない、そんなことを想像する力も無いのでしょうか。

自分さえ良ければいいのですか?

それとも、ニコチンで脳みそもおかしくなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

ポイ捨てされたタバコを赤ちゃんや幼児が口に入れます

私にはもうすぐ2才になる息子と0才の娘がいるので2人を連れてよく散歩に出かけます。

でも一緒に散歩に出かけても、必ず道路にはタバコの吸い殻が落ちているのです。

もちろん道路だけではなく、近所の公園も定期的に清掃がされているにも関わらずタバコは必ず落ちています。

そして、1才や2才の子どもは「何だろう?」と思うものは必ず手に取ってしまうので、ポイ捨てされたタバコを手に取り最悪口に入れてしまうこともあるのです。

私の息子は、1才すぎて歩けるようになった頃、葉っぱや砂、とにかく興味のあるものは何でも口に入れるようになりました。

どんなに注意深く子どもを見ていても、一瞬のうちに手に取り口に入れてしまうのです。

何でも口に入れるのは0才1才の特性です

「そんなの親の躾の問題じゃない?」と思う方もいるでしょう。子育てしてみないとわからないことだから仕方のないことです。

でも、子どもが何でも口に入れるのは、躾のせいではありません。

好奇心が育ち、これは何だろう?という感情が芽生え、とりあえず触って口に入れてみる、それは赤ちゃんや幼児の成長の過程なんです。

また、手や目よりも授乳の関係で口周りの筋肉や感覚が発達しているので、口で確認してしまうという話も市の保健師さんから聞きました。

だから躾でどうにかなるものではありません。

私だって怖い顔で払いのけて「これは食べ物じゃないから口に入れないでおこうね」と根気よく言い続けています。でもそれが理解できるお年頃ではありません。

もちろん、誤飲に気をつけなければならないのは親です。

外出時は注意深く子どもを見ているし、道路に何か落ちていないか常に気を張っています。

それでも一瞬の隙に色んなものを口に入れてしまうのです。

私の息子もタバコの吸い殻を口に入れそうになったことがあります。

その時は私が気が付いてすぐにタバコを払いのけたので大事には至りませんでしたが、悲鳴をあげた私にびっくりした息子は大泣きし、本当にかわいそうな思いをさせてしまいました。

もし自分が気がつかなかったら、もし食べてしまっていたら・・・想像するだけで震えるほど怖くなります。

ストップの手

小さな子どもは1本のタバコが致死量です

誤飲は危険です。でも、散歩の途中に葉っぱや砂を拾って口に入れてたりするくらいなら、持っているお茶でささっと口を洗ってあげれば大丈夫です。

でもタバコは口を洗ってそれで終わり・・・という訳にはいきません。

ニコチン中毒という言葉があるように、子どもが摂取すると子どももニコチン中毒になります。

それがどれだけ危険なことなのか。日本中毒情報センターに以下の記載があります。

小児致死量 10~20mg(2)(約たばこ 1 本)

症状発現時間  : タバコ誤飲後30分~4時間以内

症状 : 嘔気、嘔吐、下痢、めまい、頻脈、顔面蒼白、不機嫌が主

タバコの浸出液を摂取した時やタバコそのものを1/4本以上食べたおそれのある場合は、すぐに処置 (胃洗浄など)のできる病院を受診して下さい。

たったの1本で死ぬことだってあるんです。

また、0才1才の誤飲で一番多いのがタバコです。

0歳の事故(1,044件)
最も多い異物はタバコ700件で、0歳の誤飲事故全体の67.0%を占める。

1歳の事故(956件)
最も多い異物はタバコ317件で、 1歳の誤飲事故全体の33.2%である。

国民生活センター:子供の誤飲事故

こんなにも子どもの誤飲事故が起きていて、少子化で子どもを大切にしないといけない国なのに、ポイ捨ては無くならず、犠牲になるのは幼い子どもです。

ポイ捨て禁止の条例がある市町村もありますが、どうして日本全体で進まないのでしょうか。

タバコのポイ捨てをする方へ

国が動かないなら個人が気をつけてポイ捨てをなくしていくしかありません。

ポイ捨てする方に言いたいことがあります。

あなたが捨てたそのタバコ、子どもが口にしてしまって中毒を起こして苦しい思いをするかもしれないということを想像してください。

そして、今すぐにポイ捨てをやめてください。

今はタバコのポイ捨てで刑務所に行くことはありません。

でもあなたがポイ捨てを続ける限り、必ずあなたにその罪は返ってくると思います。

自分が苦しむか、もしくはあなたの大切な人が苦しむことになるでしょう。

自業自得、因果応報なんです。

私にも因果応報と言われても仕方がない・・そんな経験がありますから。

スポンサーリンク

    『タバコのポイ捨てする人は、それを幼児が食べるかもしれないって想像できますか?』へのコメント

    1. 名前:関西人in名古屋 投稿日:2018/03/27(火) 00:42:55 ID:a93a63e71 返信

      エルゴアダプトの記事で、こちらのブログにたどり着き、以来楽しく読ませて頂いています。1歳3ヶ月の娘がいる者です。

      お天気の良い日は、公園に連れて行くのですが、同じ経験をしました。
      一瞬の隙に、たばこの吸い殻を口に入れようとしていました。

      吸い殻を掴んでいた娘の手を、思わずバシッと叩いて、阻止しました。

      それ以来、娘が拾ったゴミは、ビニール袋に入れて持ち帰って捨てていますが、吸い殻は驚くほどたくさん落ちています。

      たばこの臭いも、吸ってる人も、たばこ自体も大嫌いです。ポイ捨てする人も。

      オチはありませんが、この記事を書いてくれて、ありがとうございました。これからも楽しみにしてます。  

      ご無理のない範囲で、更新してください。

      • 名前:田中 投稿日:2018/03/28(水) 21:36:57 ID:0f78bf7a9 返信

        関西人in名古屋さま
        コメントありがとうございます!
        また購読していただけているとの事、すごく嬉しかったです。ありがとうございます。

        本当にタバコの吸い殻ってどうにかならないものかなといつも思っています。
        私だけじゃないですよね。どこにでも落ちてますし。
        ビニール袋に入れて持ち帰る・・それは素晴らしいと思いました。私も教育の一環?としてやってみたいと思います。

        コメントにオチはなくても大丈夫です。そのあたり関西人ですね(笑)
        誤解は全然していないので大丈夫です。
        私も大阪人なので記事を書くときにいつもオチを考えますが、なかなか難しいです。

        また、これからもよろしくお願いします。