クライシスの話。産後に旦那を男性として見れなくなり嫌い→克服するまで

産後クライシスについて、ようやく書こうという気持ちになれました。

というのもクライシス状態から抜け出せたからです。今日はその話と、抜け出せたきっかけを書きます。

妊娠中に友人から聞いていた産後クライシスについてですが、私は『子ども産んだら旦那を嫌いになるなんてあり得ない!私は旦那が大好きだもん!』と言っていました。

そして友人に『あんたそんな冷たくしてたらあかんで』と説教していたのですが・・・。

すみません、思いっきり産後クライシスに陥りました。

出産後の入院中はラブラブ、その後里帰りをしなかったのですが、協力者は旦那だけなのでものすごく大事な存在で、早く仕事から帰って来てほしいといつも思っていました。

それなのに、新生時期が終わったあたりから、突然旦那に対する思いが悪い方へと変化していったのです。

スポンサーリンク

我が家のクライシスはこんなでした

ここ4か月ほど、旦那にひどい言葉ばかりかけていました。

思い出すだけでも

『ほんま使えん』とか『寝かしつけしてる時に帰ってこないで』とか。自分がイライラしていると旦那にあたっていました。

スキンシップを図られると、寒気がして鳥肌まで立ってしまう。

旦那が休みの日は、やることが増えるからイライラしてしまう。ダラダラしているのを見ると腹が立つ。

などなど・・・。酷い話です。

でも、きちんとした話は出来るのです。例えば子育ての相談はしますし、子どもに毎月いくら貯金していくかの相談とか。あと、住宅を探していたので、どんな家に住みたいか話したりとか。

そういう会話は不思議とできていました。

また、ショッピングセンターなどお出かけしたり外食したりするのも楽しかったです。

つまり、スキンシップと自分がしんどい時にダラダラされたり、寝かしつけの邪魔をされるのが嫌だったのだと思います。

産後に旦那が嫌いになるメカニズムを私なりに考えてみた

巷ではクライシスはホルモンの影響だという話をよく聞きますが、ホルモンと言われてもよく分からないので、具体的にその理由を考えてみました。

昔飼っていた犬の産後と自分の状態が類似している

実家でコーギー犬を飼っていたのですが、私が高校生のころ4匹の赤ちゃんを出産しました。その時に父と母は赤ちゃんを触っても怒らないのですが、私が触ると怒るのです。

しかも『がるるるるる~』と聞いたことないような声でうなったり、イライラしていてウロウロ動き回って赤ちゃんを守っているような感じでした。

いつもはお腹見せて『撫でて~』のポーズをしてくるし、私のことが大好きだったはずなのに。信用してないのか~と妙にショックだったことを覚えています。

つまり。

今の私も、あの時のコーギーちゃんと同じ状態なのではなかろうかと。

本能で赤ちゃんを守ろうとしている。

旦那に対してもどうして敵みたいになるのか分からないけど、きっと動物的本能ではないかと解釈しています。

産後に女であり続けることは無理

出産直前まで大好きで仕方なかった旦那のことを、受け付けなくなってしまいました。

嫌いではないし愛しているのに、ハグもキスもすぐ終わらせようとする自分がいました。

ものすごく悩んだし、どうしてこんな風に思うんだろうと自己嫌悪にもなりました。

このまま、昔みたいにスキンシップが取れなくなってしまったらどうしよう・・いつまでこの状態が続くんだろう・・旦那に嫌われないだろうか・・と思い悩みました。

それでも旦那のことを傷つけて拒絶してしまうのです。

どうしようもなかったです。

一応産後クライシスについては産院からもらった紙を見せて勉強してもらっていたので、言い訳として『産後のアレだから今はスキンシップ取るのが嫌だ』とはやんわりと伝えてはいたのですが。

でもね、女性が産後に『母親』にならずに『メス。女』だったら、ヤバイでしょ?

人間の赤ちゃんって、自分では本当に何もできないし、24時間つきっきりでお世話する必要があります。

そんな時に、メス状態になって男を求めてたら、自分の子どもを育てることができません。

男にうつつをぬかして、赤ちゃんを放置できないように、本能で男性を拒否しているのではないかと。

だから、話し合いとか『パパとして』なら接することができたけど、『男性として』は見れなかったのかなぁと思います。

産後に女性がお世話を放棄したら、赤ちゃんは亡くなってしまうし、結果的に子孫繁栄しないし人類は滅亡します

やはりクライシスは人類が滅亡しないための人間の本能ではないかと思います。

笹舟

わたしがどうやってクライシスを脱出したか。

私がクライシスを脱出したのが、産後7か月になる直前です。

きっかけは、旦那の働く姿を見てからです。

先日旦那が家に大事な仕事のファイルを忘れてしまって、私と息子で会社まで届けにいった時、旦那が汗だくのスーツ姿で登場した時に、私は何故かドキドキしました。

毎日ここまで通勤して、ここで一生懸命働いているんだな、汗もかいて大変だな。かっこいいな。そう思いました。

息子に話しかけて、最後に私の手をトントンとして、ダッシュで去っていった旦那。

あれあれ?私トントンされても嫌じゃない!いやむしろドキドキしてる!夜には会えるのに寂しさまで感じてる!

まさか、こんなことでクライシス脱出するなんて思いもしませんでした。

意外とあっさり克服できたので、本当に良かったです。

あとがき・・・

我が家のお恥ずかしい体験談を書きましたが、旦那に触られて鳥肌が立たなくなりました。

このまま、関係が改善しなくて離婚する夫婦も多いようなので、産後はマジで危険です。

このまま旦那とラブラブに戻れなかったらどうしようと思い悩んでいたことが嘘のようです。

本当に産後はヤバイ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存