少人数専用の結婚式会場の見学体験と、会場を決定した5つの理由

堂島ホテルのチャペルと子ども

2015年3月に、家族親族だけの少人数結婚式を行いました。

今回の記事では、『会場決定した経緯』についてお話していこうと思います。

確かに少人数結婚式は会場自体も小さい場合が多く安いのですが、実際に見に行くと分かることがたくさんあります。

例えば、『親族の待合室が無い』とか『料理が不味い』とか・・・

安いを売りにしている結婚式場には、必ず何かのカラクリがあります。

その辺も詳しく書いていこうかなと思っています。

スポンサーリンク

まず、なぜ私たちは少人数結婚式を選んだのか?

そもそもなぜ、少人数結婚式なのか・・・そのことについて書かせてください。

私の結婚式についての考え方は以下です。

  • 人前に出てスポットライトを浴びることが苦手
  • 高砂があって親戚と席が遠くなるような披露宴は嫌だ
  • 会社は?友達は誰呼ぶ?など考える時間の余裕が無い
  • たった3時間程度の為に、1年間の年収を払うなんてバブルじゃあるまいし。

もちろん友達がやるのは全然いいし、見ていて嬉しくなるのに、どうしてか自分はできない、私が今日の主役よ!ってなるのが無理だったのね。

一番嫌だったのが、せっかく遠くから来てくれた一番大事な家族や親族が遠くの席で、あまりしゃべったりできないのは嫌だなあと思ったわけです。

そのことを、旦那さんに話すと、ものすごくよく理解してくれて「君のやりたいようにやろう」と言ってくれました。旦那さんは私を絶対に否定しない、よき理解者です。

そのあとは、結婚式場を探しに探しまくったわけで。その辺のことも書いていきたいと思います。

小型の結婚式会場見学の結果・・・

とりあえず、ネットで一番最初に引っかかったのが、比較的新しくできた少人数を売りにしている会社でした。

家族親族が集まりやすい『大阪北エリア』で探していたので、ネットで見た感じよさそうな2つの会場一人で行ってみたわけよ。

ちなみになんですが、一人で行った理由は、単純に私が大阪北エリアで働いていたからです。旦那さんは電車で2時間くらいかかっちゃう反対側で働いているので、一緒に行くのは効率が悪いしね。

二人で行って、結局ダメな会場だったら二人分の時間が無駄になっちゃうし。

で、仕事帰りに会場を見学しに行ったのですが、はっきり言います。『写真と違いすぎる』という感想です。

それ以外にも私には絶対にNGなポイントがいっぱい見つかったんです。

まず、1つ目の会場

根本的にダメだと思ったのが、『待合室が無い』という点。

自分の両親はともかく、私のおじいちゃん、そして旦那の親族家族を立たせて待たせるわけにはいかないでしょ。

どういう理由で『待合室』を作っていないのか知りませんが、ゲストをバカにしたような会場で誰がやるかっつーの。

『なるほど、安いにはワケがあるのね』とかなり勉強になりましたね。

行った時間が無駄でした。

そして、2つ目の会場

私が一人で、仕事帰りの汚い感じで行ったからかわかりませんが、かなり適当な感じで対応されました。それが一番ショックだったのよね・・・。

他のスタッフも軽い感じだったので、当日のことを想像すると、『ここじゃダメだ』と思ったわけです。

少人数という結婚式の形は比較的新しく、会場も専用に新しく作られていることが多い為、スタッフの教育が二の次になっている印象を受けました。

スタッフがきちんと愛想よく、丁寧ではない会場は絶対にNGだと思うんです。

私の家族親族はいいですよ、きっと笑って許してくれると思うから。でもね、旦那さん側の家族親族に嫌な思いなんてさせられないでしょ?

他にも少人数型の結婚式会場の見学予約をしていたけど、これ以上見る気は失せました。

色とりどりのブーケ-

その後もネットで少人数結婚式会場を探したのよ

その後、毎日毎日、ネットにかじりつき、仕事の休憩時間もひたすら結婚式会場探し。

少人数OKの会場をネットで見て、電話もして『ここいいな』と思う会場は2ヵ所ほどあったんですが、なぜか私が全く『ピン』とこなくて、足を運ぶほどではなかったんです。

でね、探し疲れ果てていたそんな時に、私・・ふと思ったんです。

私と旦那に縁が無さすぎるから『ピン』と来ないんじゃないかなって。家族や親族の事ばかり考えていたけど、私達二人のことを置き去りにしていたなって。

そして、二人のことを思い出してみて、『私たちが出会ったのは、同僚になったからだったな~』とか昔のことを思い出していたら、ふと蘇ったのよね、二人が一緒に働いた職場から見えていた老舗ホテルがあったことを。

それが『堂島ホテル』

堂島ホテル外観

旦那は転職しちゃって今は仕事は別々だけど、私の職場から毎日見えているじゃないの。それに気が付いた時に、ほんとにほんとに、イナズマが走ったのよね。

でも、堂島ホテルさんは少人数OK会場で検索しても出てこなかったので、まったく検討もしていなかったし、ブライダルやってることすら知りませんでした。(ネットばかり見てちゃダメね。)

高鳴る胸を押さえながら堂島ホテルに電話して、こちらの条件を話すと『全て大丈夫ですよ』と言ってくれました。

まじですかーーーー

灯台下暗しってことのことね。

一旦旦那さんに報告し、一緒に見に行くことにしました。

家族親族だけでもOKの老舗『堂島ホテル』

実際に見てみるとものすごく良かったの一言です。スタッフの対応も良く、施設も申し分ない。

少しだけ料理も試食させてもらったんだけど、ありえないほど美味しい。堂島ホテルさんは料理が美味しいという話を聞いたことはあったけど、本当に本当に美味しかった。

旦那さんも『ここしかない』とまで言って気にってくれたたので、二人で即決しちゃいました。

私たちが即決した5つの理由を書きます。

  1. 料理が飛びぬけて美味しいこと
  2. 家族親族の待合室が広くてソファーがふかふかなこと
  3. ちょうど良いサイズの会場があること
  4. 人数25人でドレスも全部込みで予算90万円
  5. 私達二人が出会った地域の会場であること

それ以外にもメリットは多くありましたので、細かいですが書いておきますね。

  • チャペルに重みがあって本格的
  • 義妹の授乳室を作ってくれる
  • 喫煙室を会場の隣に作ってくれる
  • 着付けの女性待合室は、畳を敷きつめてくれる
  • 遠くから来る家族が宿泊できる
  • 大阪駅から近い
  • とにかく施設が豪華で美しい

また、他の激安会場とは違って、お願いしたことを「無理」と即答せずに、いったん考えて上司等に相談してから回答をくれるんです。

もうほんと、よい場所が見つかって、決まってよかった~とほっとしちゃいました。

※堂島ホテルは遅くまで毎日フェアをされているようです。

ご予約はこちら 【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

まとめとアドバイス

とにかく、結婚式は一生に1度なんですから、妥協はしないことです。

私個人の感想ではありますが、少人数結婚式の場合、会場も小さいしケチってる部分も多い、また少人数を売りにしている会場は新しい会場が多くスタッフの教育がきちんとできていない印象を受けました。

『こんな会場には任せられない』って思ったなら、そんなところでやるべきではないし1万でも払うべきではないです。

そして、接客の悪いスタッフ、待合室の無い会場なんかで結婚式したら、あとあと恥ずかしい思いをするのは新婦ではない、新郎側のご両親と、あなたの大切な旦那さんです。

頑張って探せば、100%とは言わなくても80%くらいは願を叶えてくれる、ぴったりの会場は必ず見つかるんじゃないかな。

※PS:今は少人数結婚式の会場も良くなっているかもしれませんから、一度ご自身の目で確かめてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

『少人数専用の結婚式会場の見学体験と、会場を決定した5つの理由』へのコメント

  1. […] 「田中ですドットコム」様 […]