赤ちゃんのタグ好きがカワイイけど謎すぎるのでその理由を考えてみたい

タグ

お久しぶりでございます。

一戸建てを購入し引っ越しをしてバタバタして正月を迎え、法務局行ったり市役所行ったり3月の海外旅行の為息子のパスポート作りなどをしていましたがひと段落。

現在は別件のブログが忙しくバタバタしていました。

さて、今日は、生後8か月になった息子の『謎のタグ好き』についてブログに書きたいと思います。

スポンサーリンク

うちの息子はタグが大好きです!

生後7ヶ月ごろから急にタグを触るようになった息子。指でちょんちょん、ぺらぺら触って楽しそう。そして時々なめなめくんです。

こちらは引っ越し直前の写真なのでちょうど7ヶ月に入ったころですね。真剣です。

絨毯のタグを触る赤ちゃん

静かだなと思ったらタグ遊びかーい!

新しい家に引っ越してから、ブロックでプレイスペースを作ったのですが、そのブロックのタグも触って遊んでいます。

ブロックのタグを触る赤ちゃん

これもちょんちょん

タグを触る赤ちゃんの手

せんべい座布団のタグもちょんちょん

座布団のタグを触る赤ちゃん

あ、クッションもあるよー。楽しいな。

クッションのタグを触る赤ちゃん

もちろん、これだけではありません。

私の服のタグ、布団のタグ、タオルのタグ、そこらへんにあるタグを探しては、サワサワ、ぺらぺら、ちょんちょんと触って遊んでいるのです。

赤ちゃんはタグの何が楽しいのだろうか

不思議に思った私は、ネットで『赤ちゃん タグ』で検索してみました。

すると検索結果に出るわ出るわ。なんだか赤ちゃんあるあるのようですね。しかもおもちゃまで販売されているではありませんか。

思うに、ピョンと出ているその形状が好きなのでは?(授乳の影響?)またツルツルとした感触を楽しんでいる風にも見えます。

また、触りながら落ち着いている感じにも見えるし、ものすごく触ることに集中しているので、安心感があるのかもしれません。

私も小さい頃から勉強中に左手で髪の毛をネジネジする癖がありました。その癖は治らず、仕事中など考え事をする時に髪の毛をネジネジしてしまいます。落ち着くのです。

息子もそのような感覚なのではないかなと思いました。

親としては、『そんなところのタグどこで見つけたん!?』みたいな感じで不思議で仕方ありませんが、一生懸命に触るその姿、可愛いではありませんか。

赤ちゃん用のタグのおもちゃを買ってみた。

タグが好きなら・・・と、タグのおもちゃとやらを購入してみました。そこそこ楽しんでくれていますが、はっきり言って本物のタグにはかないません。

一応ご紹介しておきます。

コンビのタグのおもちゃ

こちらはコンビの有名なおもちゃみたいです。こんなものまで販売されているとは!恐るべしタグ!

商品名は、なんと『タグだいすき』です。笑

タグのおもちゃ

楽天 タグだいすき

Amazon コンビ タグだいすき

こちら、子育てママの声から作られた商品のようです。

タグだけではなく、中に鈴が入っているので触ると鈴の音がしたり、カサカサという音がしたりと耳でも楽しむことが出来ます。そして手洗いもできるので舐めたりして汚れても清潔が保てます。

また、本来の使い方ではありませんが私と旦那でこのボールを使ってキャッチボールををすると、『キャッキャ』と声を出して大笑いしてくれます。

Rodyのタグのおもちゃ

こちらは、カシャカシャ音がする布にタグが付いている優れもの!学生時代の親友からもらったので大事に使わせてもらっています。

タグのカシャカシャおもちゃ

楽天 ベビー ロディ タグってガシャガシャ Rody

Amazon baby Rody タグってガシャガシャ No.3754

さっきのコンビ製のものよりも、お出かけバッグに入れやすいので外出するときは必ず持って行きます。グズグズになったらこれを渡すと少し機嫌がよくなるので重宝しています。

親友からもらったものだから、次も別の親友に渡して・・・順番におもちゃのリレーができたらいいな。

手作りする方法も

ダイソーなどで売っているかわいいハンカチにタグをいっぱい取り付けて手作りされる方も多いようです。

しかしながら・・・裁縫が苦手な方は辞めておきましょう。

引っ張って取れて誤飲でもあったら大変です。

私は手作り系は、簡単に30分以内で出来るものじゃないとイライラするので基本作りません。その辺はもうあきらめています。

息子よ、ごめんよ。

あとがき

この赤ちゃんのタグ好きは、人によるそうです。なので全く興味を示さない赤ちゃんもいます。

でも、タグで集中して遊んでくれるならものすごくラクだし経済的だと思いますね。

また、全然話が変わりますが、タグのおもちゃはプレゼントとしても喜ばれるかもしれません。私ならどんなおもちゃでも嬉しいし、もらえるものはもらって息子が興味示すか試しています。もし興味がなければ、洗濯して友人に譲れますからね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存