アドセンスのブロック方法。一部の広告を表示不可にする方法

私はブログ運営の中で、アドセンス広告を利用しています。

しかしながら、私にとって『わずらわしい広告』が多く表示されるので、そのようなものは全てブロックしてしまうことにしました。

現在私は3つのブログを運営しておりますが、1つが『海外旅行系ブログ』なんです。

このブログは、私が旅先で撮影した『素晴らしい景色、癒される写真』をたくさん載せているのに、広告がマッチしておらず、イライラしてしまいます。

というわけで、私がブロックすべきと考える広告と、私が行ったブロック方法をご紹介したいと思います。

アドセンスのブロック方法

アドセンスのブロック方法は簡単です。以下(1)~(3)の手順で可能です。

(1)広告の拒否とブロックをクリック

アドセンスの広告の許可とブロック

(2)以下の画面が開きますので、赤い枠の入力枠に拒否したいURLを記載し『URLをブロック』をクリックすればOKです。

アドセンス拒否方法

(3)もし途中で許可したくなっても『許可またはブロック』の箇所をワンクリックで操作すれば、『許可』フラグになります。

アドセンスのブロックの基本:楽天とAmazon

楽天やAmazonのアドセンスの広告は正直出てほしくないものになります。

その理由は

直接私がアフィリエイト契約をしてブログに掲載している楽天やAmazonの広告を、ユーザーにクリックしてもらいたいからです

もう少し詳しく記載しましょう。

例えばですが、『私が直接張り付けた楽天の広告』をクリックしたユーザーが、そのまま5万円のお買い物をするとします。すると私に500ポイントの報酬が入ります。

でも、『アドセンスの楽天広告』をクリックしたユーザーが、5万のお買い物をした場合、Googleに500ポイントが入ることになり、私は損してしまいます。

この場合、もちろんアドセンスのクリック報酬が発生しますが、楽天やAmazonは1クリック数円ですから、『500円マイナス数円分』損するということです。

話を戻します。

さて、ブロガー歴9年にもなると、楽天やAmazonには大変お世話になっており、アフィリエイトでポイントも稼げているので、特に楽天ではお金払ったことは数回しかありません。

お米も化粧品も、母の日のお花もポイントで買ってきました。

というわけで、アドセンスで表示されるの楽天とAmazonの広告は邪魔なので以下のURLを拒否リストに入れました。

・www.rakuten.co.jp

・www.amazon.co.jp

しつこいアドセンス広告:お名前ドットコム

さて、次は『お名前.com』の広告です。

何ヶ月も前に『お名前.com』にアクセスしたにも関わらず、アドセンス側にしつこく表示されています。

正直なところ『お名前.com』でドメインを取得する人は、ある程度WEBの世界に精髄している方々ですから、わざわざクリックなんてしてもらえません。

しかも、だいたいドメインは取得済みだったりして、不要なんですよね。

私はドラマなどを見忘れた際は、中国系の動画サイトでドラマを見たりするのですが、そこでも延々と表示されていますし、自分の作成したブログをチェックしていても、いつまでも表示されています。

というわけで、こちらもブロックしました。

・www.onamae.com

私のブログにふさわしくないのでブロック:まんが王国

さて、次は『まんが王国』の広告です。

この広告、あまり私のブログでは表示されたことが無かったのですが、今日ブログを読み返したり文言チェックをしていた時に、表示されているのを見つけてしまいました。

ショックでした。

その内容が、いかがわしい内容の漫画であり、『変わらず私を愛してくれる?』と書かれていました。

もう一つのキャッチコピーが『隣家から聞こえる幼い鳴き声・・・』という漫画で、画面キャプしておきました。

それが以下の広告です。

まんが王国の広告

なんだこりゃー(笑)

私が汗水たらして作りあげた海外旅行のブログの、美しい海や山、綺麗な建物の写真の下に現れていて、愕然としてしまいました。

しかも、『まんが王国 広告』とGoogleで検索すると、以下のように『消したい、不快、気持ち悪い』と検索しているユーザーが多い事が分かります。

漫画王国の広告検索

私だけではなく、ユーザーにとっても不快だということが分かりましたので、申し訳ありませんがブロックすることにしました。

・k-manga.jp

まとめ

今回の記事では、特に拒否したい広告のみを厳選して記載しました。

他にもブロックしたい広告はあるのですが、私にとって害であってもユーザーにとったら有益な広告である場合もありますので、『絶対不要』と思うものだけをピックアップしてブロックするようにしています。

常にユーザーの立場に立ちつつ、グーグルアドセンスとも共存していけるブログを作っていけたらと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

『アドセンスのブロック方法。一部の広告を表示不可にする方法』へのコメント

  1. 名前:佐藤雄二 投稿日:2016/10/19(水) 12:04:02 ID:b8b031fe0 返信

    お気持ちわかります。
    しかし、気持ち悪い広告を配信しているのは「まんが王国」だけではないです・・。
    「アドセンスの不愉快マンガ系広告をブロックする方法」
    を書かれている方は多いのですが・・・。
    ブロックするならすべての会社の配信をブロックしないと逆に
    ウェブコミック系を扱っている記事なのでそういう広告の配信が増えます。
    実際にRenta!のホモマンガの広告がこの記事のページにまだ出ててドンビキしてます。
    こちらもアドセンスの設定で配信をブロックされてはいかがでしょうか。

    • 名前:田中さん 投稿日:2016/10/19(水) 20:37:44 ID:01adfc568 返信

      佐藤雄二様
      コメントありがとうございます。またご指摘ありがとうございます。
      先日Rマンガも拒否したばかりだったのですが、まだまだあったのですね・・・。
      ホモの広告とか子供に見せられませんね。
      育児系の記事も書いているのですが、そこに表示されないかと不安です。もう少し注意深くチェックしていきたいと思います。